もりのきこぽぅ

ナチュ~ルな三鷹の未来を描く

いろんな人の想いが詰まったカフェ。エコロジーを軸に人が集う場所にしたかったけど… – カフェ・カワセミピプレット店主 ブランシャー・明日香さん

もりの人みっけ vol.03

ブランシャー・明日香さんいろんな人の想いが詰まったカフェ。エコロジーを軸に人が集う場所にしたかったものの、はじめはどのように関わっていけるのか分からなかった

取材・撮影:眞弓英和

ブランシャー・明日香さんが営む「カフェ・カワセミピプレット」は、三鷹のおとなり、西荻窪の善福寺公園のそばにある小さなエコロジーカフェ。地産地消のランチは野菜中心。ヴィーガン対応メニューもあり、店内にはこだわりのエコな雑貨や本が並びます。エコイベントやワークショップも定期的に開催され、建物をとりまく庭には野鳥が集い、様々な植物が四季折々の景色を織りなします。これはきっと、エコロジーへの並々ならぬ想いがあってお店をはじめられたのだろう、と思いきや…

カワセミピプレットは『人生フルーツ』からはじまった、いろんな人の想いが詰まった場所

以前は翻訳や英語講師などをされていた明日香さん。隣に住んでいたおじいさんと仲が良く、「地球環境が気になるけども、どうしていいか全然わかりませんね」、なんて立ち話を良くしていたそうです。ある時、おじいさんに「人生フルーツ」(映画 2017)が素晴らしいと勧められ観に行き、その感動を涙ながらに2人で分かち合い、おじいさんの所有する土地にキッチンカーか小さな小屋を設置して地域の人達がおしゃべりができるぐらいの場を創ろう!という話になります。すると当時、明日香さんの英語クラスを受講していた建築家の方も「人生フルーツ」に感動されて、図面を書きたいと言ってくださり、更にはフランス人の建築家の義父も手伝ってくれることになりました。

「人生フルーツならやっぱり自然素材がいいよねとか、いろいろとアイディアが出てきていまの形になったものの、すごい金額になってしまって…。でも、おじいさんがコミュニティーのためにやりたいとコミットくださりそのおかげで2年越しでこの建物が建ったんです。だからここは、いろんな人の夢と想いが詰まった場所で、けっして私1人だけの想いじゃないんです。家族でもない人とのつながりと信頼関係で生まれたこの場所があることで、きっとここに来て下さるたくさんの人とも、同じように信頼関係が生まれるんじゃないかって、そういう希望があるんです。建築にこだわった理由は、人はいい環境の中にいるといいインスピレーションやアイディアを自然に共有できる、と思ったからです。」

はじめは環境問題やエコロジーに、カフェとしてどのように関わっていけるのか分からなかった

こうして「カフェ・カワセミピプレット」は人生フルーツをきっかけに、2019年5月に魔法のように生まれました。明日香さんはもともと、ジェイムズ・ジョイスが大作「ユリシーズ」を出版した際に支援者となったシルヴィア・ビーチが好きで、彼女がパリの左岸に創立した書店、Shakespear and Companyのような文学活動の中心地として時代を創っていくような場所を、エコロジーを軸に創れないかと考えていました。ただ、これまで飲食店や経営の経験が全くなかった明日香さんにとっては、つぶれないようにするのに精一杯の毎日で、最初の一年は環境問題やエコロジーにカフェとしてどのように関わっていけるのかまでを考える余裕はなかったといいます。

「お店をはじめた時からエコロジーカフェとは謳っていましたが、ランチにお肉を出していましたし、せいぜいプラスチックはあんまり使っていませんぐらいだったんです。ただそれすらも、なぜプラスチックを使わないのかまでは理解できていなくて、まだ手探りでエコを目指している状態でした。」

その転機が訪れたのは、開店からちょうど1年後のことでした。

「あの頃はコロナで、4月、5月とお店を休業せざる得ない状況だったんですね。時間があってモヤモヤしていた時に、ちょうど、ネイチャーセミナーというのがやっていたので参加することにしました。そこではじめて、武本(匡弘)さんにお会いしたんです。武本さんはもともとプロダイバーで、40年も海に潜りながら、ダイビング会社の社長としてもダイバーをたくさん育てられてきて、ビジネスとしては充分に成功されていたんですね。ところが日々、サンゴ礁が失われてゆく光景を目のあたりにする状況に危機感を感じられて、それでその時にされていたビジネスを人に譲って、環境活動家という仕事に変わられたんです。私はそのお話に本当に引き込まれてしまって、終わったころには自分でもびっくりするぐらい、私も環境活動家です!みたいな感覚になっていたんです。私だったらカフェという舞台を活かしてこういう事ができる!やってみたい!と考えるようになって、環境問題を自分ごととして考えるスイッチが入ったんですね。そこからは、自分がどこに向かっていこうとしているのかが分かるようになりました。それが意識ができるようになってくると悩む時間も激減して、今日は何する、明日は何する、それじゃあ1カ月後は何をしようかと考えるようなっていったんです。武本さんは自分ごとにさせるのが天才的にうまい人。私がいまみたいな取り組みが出来るようになったのは、武本さんのおかげなんです。」

明日香さんは武本さんに、「なぜこの絶望的な状況の中で、こんなに頑張れるんですか?」と聞いたことがあるそうです。すると、武本さんはこう話されました。

「それは明日香さんみたいな人に出会えるから。まだ知らなかった人が知っていき、その人が自分の力で何かやっていこうとはじめる瞬間に立ち会えるのが好きだから、君みたいな人がいるから僕は頑張れる。」

まだ何もできていない自分に希望を見出してくれたことが衝撃的で、明日香さん自身もいまは、その瞬間に立ち会えることが嬉しいといいます。

自分ごとにしていくきっかけが、活動の原動力になるんじゃないか

明日香さんは、自身が体験したこの面白い感覚は、同じように気持ちや関心はあるけども、何をしていいか分からない人の助けになるんじゃないか、自分ごとにしていくきっかけが、市民活動の原動力になるのではと考えるようになりました。そこで自身も学びながら、そのきっかけとなるようなイベントや、ワークショップを開催してきました。その一つのカタチが、2022年春から秋にかけて行われる、『西荻オトナカ大作戦』と『西荻グッバイ・ウェイスト大作戦』です。この作戦のはじまりの読書会では、課題本の「人新世の資本論」(斎藤幸平著)の指南役として武本さんをお迎えします。

「この本自体が扱うテーマは、私にとっても本当に難しいのだけども、武本さんはそれをすごくかみ砕いてビジュアルで説明してくれます。それが自然と入って来て、ずっと頭にビジュアルとして残るんですね。ぜひ、多くの方に体験してみて欲しいです!仲間を増やしていきたいという人にも、こういうやり方があるんだって知れるので良いと思います。」

4月28日には、元衆議院委員の堀越けいにんさんをお招きしてお話会が開かれます。

「例えば私の視点でも、工業的な畜産が環境に負荷をかけていることは分かるけども、堀越さんは動物福祉や疫学など別の視点から、その問題点を教えてくれます。また、元衆議院議員として市民運動が政治とつながることの重要性も語ってくれます。みなさんのお話からも、いろんな立場、世代、職業の見方が知れるのは面白いですよね。」

連携して、存在感を大きくしていくことの大切さ

「アカデミックの世界、政治の世界、ビジネスの世界、市民の世界、持続可能な社会づくりと一括りに言ってもその方向はバラバラですごく乖離していると感じています。それを放っておく気にはなれないし、1つの市民グループや自治体だけでどうこうできる問題でもありません。周りのグループや自治体とも連携したり、都市と地方を結んだり、世界にも目を向けながらもあくまでローカルで盛り上げていく。そうやって存在感を大きくしていくのは大事だと感じています。」

『もりの人みっけ』も活動の中心は三鷹ですが、個や団体、市や国と、それぞれの取り組みが重なることで、大きな流れを生んでいけたらという想いで運営しています。

「いまはとんがっているように映るかもしれないけども、10年たったら普通だよねって、そう感じられる社会になったらいいなって思うんです。なのでこれからも、こんなことがあるよ~って、このカフェを通して伝えていきたいですね。」

Writer

眞弓英和

個や団体、国や思想など、それぞれに想いや取り組みがあって。人だけじゃなくて生き物や、認識できない次元にも世界があって。そういう関係を大事にして重ねていきながら、大きな物語を描いていけたらいいな、幸せな方向へと向かえたらいいなと思っています。

MORE