もりのきこぽぅ

ナチュ~ルな三鷹の暮らしを描く

中村陽子

中村陽子

22年前に、草も虫も、食べる人も農家も、みんなが元氣になる、生き物の命に溢れた田んぼに出会いました。その田んぼは耕さない、農薬も使わない田んぼでした。その頃、メダカが絶滅危惧種Ⅱ類になり、絶滅危惧種の半数が水辺の生きものたちであることを知りました。ところが、目の前の田んぼを見ると、彼らの復活はとても簡単なことのように思えました。

多様な生きものがいるこの田んぼが広がったなら、きっと日本の自然は戻ってくる。これを日本中に広めようと考えました。田の草取りはとても大変です。それに応えて「田の草取りツアー」をはじめます。農薬を使わない普遍的な法則を見つけ出すために、農家の皆さんと技術を発表しあう「田の草フォーラム」もはじめます。

お米づくりの農家とつながっているから、米、大豆、小麦、菜種、梅など、在来種の無農薬の最高の原料が手に入ります。それで味噌、醤油、油、たくあん、梅干しを1年分つくる、「自給自足くらぶ」もこの頃にはじめます。

「OKシードプロジェクト」は、日本では、ノム編集トマトなどゲノム編集種苗・食品が表示なしでの流通が認められているため、私たちは知らないうちにゲノム編集食品を食べてしまう可能性があります。OKシードマークを貼る事で、安心して食品を選ぶことができるようになります。

オーガニック給食マップは、学校給食をオーガニックに変える活動を続ける皆様に、日本・世界の活動と、その最新情報をまとめ、共有するためのプラットフォームです。子どもたちの心と身体、そして地球を育む給食を、みんなで実現していくために、運営に携わっています。

子どもたちの元氣の源と、田んぼと生きものは、みんな繋がっています。
先人たちの知恵に学びながら、頼りになるおばあちゃんになりたいと思います。