もりのきこぽぅ

人・生き物・地球にもやさしい

みたか100年の森の未来像

みたか100年の森の未来像

三鷹市には、自然との調和をテーマにした個や団体の活動がたくさんあります。
「みたか100年の森の未来像」は、共通するテーマを重ねながら、いっしょに未来を描いていきたいという想いで描きました。

みたか100年の森未来像 PDF

この大きな物語を三鷹市の想いとも重ねながら描いていきたい。
「みたか100年の森 準備事務局」は2020年~2021年にかけて、「三鷹まちづくり総合研究所」の「まちづくり研究員」として調査・研究を行い、三鷹市に「学校給食への地場農産物使用と有機化の促進」として提案論文を提出しました。2021年からは三鷹市や教育委員会、栄養士、JA東京むさしと共に、メンバー(市民)も参加する形で「持続可能な都市農業に向けた研究会」が発足。持続可能な都市農業に向けて協議しています。

提出した論文はこちらから